芸術の秋、岡本太郎現代芸術賞

 

 

 2017年春、「東京青山の岡本太郎記念館に

行かないか?」お誘いを頂き、7月に誘われるまま

行きました。「美術とは何か? 芸術とは何か?」と

問われた気がしました。

 答えが見つからないまま、その年の暮れに岡本太郎

記念館を見て欲しいと思った、知人をお誘いして、

東京へ2回目の訪問。その夜は2人で熱く美術と

芸術について語りました。

 さらに、翌年8月、川崎市:岡本太郎美術館へ行き

その答えの種をいただきました。

 そして9月、第22回岡本太郎現代芸術賞に1枚の絵を

応募しました、それが答えです。

 

       (パンフレット)

 

 

(作品名: “僕は、昔鳩でした” )

 

 

  (作品の意図)

 

 今年11月の審査結果発表では入選はかないません

でしたが、これから10年間、エントリーし続けることを

決意致しました。

 今から来年の応募作品の構想をしており、これを私の

新たな人生のライフワークとして続けていきたいと

思っております。皆様とそんな話がしたいですね。

                中野 龍之